伊丹市で生理痛にお悩みの方は指圧・訪問マッサージも行っている【おかだ鍼灸マッサージ院こころ堂】へ。 更年期障害や産後不調・冷え性にも効く鍼灸の施術をいたします。

tel:072-777-1213 【営業時間】9:00~20:00(最終受付19:00) 完全予約制 西野バス停前 お問い合わせはこちらをクリック
こころ堂通信
目次
2018.6.9   梅雨入りしましたね  
2018.5.15 夏も近づく  
2018.4.8 花まつり  
2018.3.12 いろんな形の支援  
2018.2.4 [立春」 
2018.1.17 「伝」    
2018.1.13 寒中お見舞い申し上げます
2018.1.4 キャッチボール
2018.1.3 今宵の月のように
2017.12.22 冬至
2017.11.16 冬準備は急に
2017.10.24 台風で思うこと
2017.10.16 今日は寒い
2017.7.17 夏の土用。今回は、あえて鰻の話。
2017.7.8 ヘルペスはお灸で治す
2017.6.12 もう梅雨の話。ジメジメ季節の過ごし方
2017.4.16 春の土用、うなぎ以外の話で
2017.4.10 桜を見上げると
2017.4.3 新しいスタートは青空
2017.3.31 開花、そして開幕
2017.3.20 春分の日
2017.3.5 桃の節句
2017.2.27納豆の力
2017.2.18 梅の開花
2017.2.13 吐く息で病気を診断
2017.2.7睡眠不足と肥満リスク
2017.2.6漢方薬について
2017.2.4立春の日
2017.1.31 久しぶりで申し訳ございません
2014.08.09 日本食の力
2014.08.01 日本の寿命
2014.05.24 早起き
2014.04.01 ウェブサイトを開設しました。
2018.6.9  梅雨入りしましたね
今年も梅雨に入りました。しばらくジメジメと不快な気候で傘が手放せません

湿気が多い日が続くと我々の体も影響を受けてきます。
胃腸の働きがあまりよくない人はじわじわと堪えてきます。
胃の不快感、食欲不振、ムカムカ、下痢軟便、頭が重い、目が重い、
古傷が痛む、急に神経痛が現れる、関節がジクジク痛む、手足がだるい、力が入りにくい、
女性ではおりものが多くなったりと、とにかく梅雨時期は不調が多い。

日本は湿気が多く、そして胃腸が丈夫ではない人が多い。
この気候と川があり水田に囲まれた生活が日本人の体質をつくったのでしょうか。
こんな私達日本人がこのジメジメ梅雨に対処する術は、簡単です。

胃腸に負担をかけない、胃腸をできるだけ活発に働かせることです。

よく噛み、腹八分、お腹が空いていない時は一食ぐらい抜いたほうが調子が良いと思います。
この時期は、とくに生魚、生肉、生野菜は控えること。そして軽い運動を!

七月中頃まで続く梅雨。憂鬱な気分になりますが、気分転換して、できるだけ心を軽くして過ごしてください。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.5.15 夏も近づく
ゴールデンウイークが終わり一週間。
仕事もそろそろエンジンがかかってきた頃ではないでしょうか。
まだ疲れを引きずっているかもしれません。

こころ堂は、昨日、今日となか休みに入ったような予約状況。
たまに、こんなエアーポケットのような日があります。
不思議なもので予約が重なる日は重なります。
みんな、体が辛い日は同じなんですね。

この二日間は冬物の片付けと掃除をしていました。
今まで気になっていたけど、手が付けられなかったことが
片付き気持ちが晴れ晴れ。

立夏を過ぎ、ますます日は長くなってきます。
梅雨に入るまでの、この季節
本当に好きです。

内容のない更新で申し訳ありませんでした。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.4.8 花まつり
先日の雨と風で桜の見ごろは終わったようです。
今年の桜は、咲き始めたなと思っていると、
あっという間に満開となったので花見の準備が忙しかったですね。

 さて、4月8日は、何の日だったかお分かりになられる方は、いらっしゃるでしょうか。
お釈迦様の誕生日だったのです。
キリスト様の誕生日は、日本ですっかり馴染んだのですが、
日本は仏教の国なのに、この日を知る人は本当に少ない。
もしかしたら、キリスト様は知っているけど、お釈迦様は知らないと言う方もおられることと思います。
4月8日を日本で盛大にお祝いしないのは、クリスマスのように商売につながらないからとも言われます。

お釈迦様と言えば、
「天上天下唯我独尊」
この言葉を知る方は多いのではないでしょうか。
しかし、この言葉の意味の解釈は様々です。
槇原敬之氏の作品でスマップが歌い大ヒットした
「世界に一つだけの花」
この歌が言葉の意味を示してくれていると思います。

人間は優劣をつけ、他人と比較し喜んだり落ち込んだりするが、
自分という存在は唯一無二かけがえのない存在なのです。
つまり「オンリーワン」
無宗教でありますので、詳しいことは分かりませんが、
仏教の世界は実に実に深そうです。
少し勉強したくなりました。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.3.12 いろんな形の支援
今週は寒さが和らぎ暖かい日が続くようです。
気も心も体も緩んできます。しかし、こういう寒暖の大きい時期こそ気をつけたいものです。

昨日は東日本大震災から7年という日でした。
買い物へ行った先のスーパーでも午後2時に黙とうの館内案内がありました。
このスーパーでは、黄色のレシートを寄付箱の中へ入れれば、1%の寄付ができるそうです。
休みの日にまとめ買いの我が家でも、僅かですが寄付してきました。
贈呈額がネットで確認できますが、年々寄付金が増えてきていて
2016年の集計では3億を超える額が寄付されてました。

ネットのニュースでは、東北の品物を購入するという支援のあり方が載っており、
なるほど色んな形の支援の仕方があることを教えられました。

日本酒好きの私も、これならいくらか支援できそうです。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.2.4   「立春」
立春を過ぎますと春らしい日が増えてきます。
この頃から陽気がしだいに強くなってきて、
動物たちは冬眠から覚め、芽は吹き出します。
人の体も春の準備を始めだします。

まだまだ寒さが強く残るこの時期ですので、
暖かい日でもいきなり薄着はせずに、今はまだ保温に意識を持ちます。
体が気温になれるまで薄着はしないことです。

人の体の中も春準備をしていますので、
立春以降は真冬以上に風邪を引きやすいので注意してください。
季節のかわりめは、とくに気を付けて、ゆっくりゆっくりと体を慣らしていきます。
無理をしないで、体を自然に合わせることが大切です。

また体内の陽気も高まってくるため、この陽気をうまく発散できないと
神経痛や皮膚病、のぼせ、無気力、不眠などの症状に悩まされます。
五月病などは典型的な春の病です。
他に春は目の不調がおこりやすいです。
目がピクピクと痙攣する方は、夏に他の病気を招かないように、
この時期にしっかりと養生することが必要です。

ストレスは、この時期とくに要注意です。
日頃からイライラしやすい方は、これからの時期はイライ
ラが余計に昂ったり、
不安感に陥ったりします。
ストレスを溜め込まない生活、暴飲暴食で気を滞らせないように気を付けてください。
心身ともに健やかに過ごし、適度な運動をして陽気を発散させることが必要です。


ウグイスは春告鳥という別名があり、
梅は春告げ草という別名があるそうです。
自然の変化に目を向けられる余裕のある生活を心掛けましょう。


伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.1.17    「伝」
暖かい雨の朝でした。

今日で23年だそうです。

そんなに年月が経ってしまってる感覚がありません。
それは、ほんのついこの間のような、5年ほど前のような不思議な感覚です。

あの頃は枕元にリュックと靴を置いて寝りについたことを思い出します。
しばらく眠れませんでした。
おかしな夢にしばらく悩まされました。

いつの間にしなくなったのでしょう。
いつの間に眠れるようになったのでしょう。
いつの間に嫌な夢を見なくなったのでしょう。
時が経てば、いろんなことが曖昧になります。

しかし、毎年、この日を迎える度に鮮明に思い出します。
あの時に何を思い考えていたのか。

「命」
「家族」
「運命」
「未来」

「後悔」

震災を経験した僕たちは何を伝えればいいのでしょう
自分も家族を持ち責任がある今。
後悔しないように
後悔が一つでも少なくなるように。

備えは必要。
家族がひとつになれる「備え」。
日常は一瞬で崩れます。
当たり前のことができなくなります。


伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.1.13 寒中お見舞い申し上げます
ひじょうに寒い日が続いています。
明日から少し寒さも緩むとの予報ですが、そうとう体には堪えます。
こころ堂でも、急な痛みで来院される方が多かった年はじめでした。
その他、のど痛、倦怠感、疲労、頭痛などなど、
痛み以外の症状の方も多いことが、この冬の特徴と言えます。
あと痛み止めのお薬が効きにくいことも。
これは、みな寒さにやられている症状です。
そのせいでしょうか、こころ堂では、この冬はお灸をすえることが例年の冬以上に多いです。
昨年末に入れた石油ファンヒーターはフル活動。
それ以外に、対流型の石油ストーブ、エアコン、加湿器3台が、年明けからフル活動中です。
院内、暖かくしておりますので、安心しておいでください

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.1.4 キャッチボール
私の甥っ子は、いま10歳。
昨年の夏から本格的に野球を始めました。

そんな甥っ子が正月の朝に唐突に言ったことが
「おっちゃんにお願いがあるねん」
身構える私。
「僕とキャッチボールしてほしいねん」
なんだ、そんなことかお安い御用。

自分も小学生の頃、よく従弟にキャッチボールをしてもらいました。
キャッチボールって、会話はないけど、すごく話をしているような感じがします。
誰と何を話したか覚えてないけど、キャッチボールをしてもらったことは、今でも覚えています
キャッチボールって何かいいもんです。

酔っ払いで、かなり辛いところはありましたが、
満足そうな甥っ子の顔を見てると、こっちまで嬉しくなりました

その甥っ子が私達の帰り際に、
「おっちゃん、今日はキャッチボールしてくれて、ありがとう。」
「肩が痛いんちゃう?気を付けて帰ってな」
と言うじゃありませんか。
この一年の彼の成長を感じました。
野球部のおかげでしょうか。本当に驚いたんです。そんないたわりの言葉を言えるなんて。
可愛い甥っ子です。

今度は、シラフで本気で付き合ってやりたいと思いました。
また、キャッチボールしよう。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2018.1.3 今宵の月のように
あけましておめでとうございます。

どのようなお正月を過ごされましたか。
早いもので、三が日も終わり、
明日から仕事という方も多いのではないでしょうか。
こころ堂は5日から診療を開始させていただきます。
今年も精進してまいりますので、宜しくお願い致します。

寒かったですが、天候に恵まれ穏やかな正月でした。
そして、元日から月がすごくキレイでした。ご覧になられたでしょうか。
大きく丸い月が東の空に、ドーンと居座り本当に素晴らしかったです。

満月と言えばETの映画で印象的だったのですが、満月の夜は陰気を補うことができます。
今年は、何かただならぬパワーを得たような気がします


もう二度と戻らない日々を俺たちは走り続ける
いつの日か輝くだろう 今宵の月のように
~エレファントカシマシ~
さぁ、2018年が始まります。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2017.12.22 冬至
 冬至は二十四節気の22番目の節気です。昼間の時間が一番短い日として、皆さんもご存知のことと思います。
古代中国では、この冬至の日を極めて大切に考えお祝いの日としておりました。
なぜなら、この日を境に昼間の時間が段々と長くなってくるからです。

東洋医学では、冬至は陰陽消長の接点。陰の極みの日であると同時に陽の始まる至なのです。
陰気が盛りのピークに達し次第に弱くなっていき、陽気が芽生えるのです。
冬至から小寒、大寒までは、とくに補養に力を入れます。
この時期に適格に体を補養しますと、体内の陽気の昇発を助け、体質を増強し、抵抗力を強くします。

少し難しくなりましたので、身近な冬至の習慣として、かぼちゃを食べること。
これは「運盛り」という願掛けで「ん」のつく食べ物を食べ、無病息災や運気上昇を祈りました。
かぼちゃ(南京)、蓮根、人参、銀杏、金柑、寒天、饂飩は冬至七種と言われます。
この時期には滋養のつく食べ物を積極的に食べ体力を補うのです。

 そして、柚子湯は、柚子のその香りに邪を祓う霊力があると言われます。
また、冬至は「湯治」とかけ、柚子は「融通が利くように」という駄洒落っぽい願いが込められています。
柚子自体には、血行促進、鎮痛効果、ビタミンCが豊富なため、
湯につかり呼吸から吸収することで風邪をひきにくくする効果があります。

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2017.11.16 冬準備は急に
昨日の雨から急に寒くなったような気がします。
今週末は、本格的な冬の気温だとか。
その後も気温はあまり上がらない様子です。
大好きな秋も今年はあまり楽しめなかったように感じます。

いま治療院の冬準備を慌ててしています。
今年も去年に引き続き、新たに石油ファンヒーターを購入しました。
冬はとびっきり寒くなる治療院ですので、この石油ファンヒーターには期待をしています。
まだ箱に収まったまま。早く灯油を買ってきて試運転をしなければ。。。

冬は中医学では、「閉蔵」の季節といわれ、消耗を抑えて、力を蓄える時期です。
ですので、夏と同じような生活スタイルではいけません。
蓄える季節です。

冬の養生などを書いたチラシを、こころ堂治療院の玄関口に置いてますので、
興味がある方は、ご自由にお持ち帰りください

伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2017.10.24 台風で思うこと
超大型の台風21号
被害はありませんでしたか?
通勤途中、いたるところで看板が飛んでいたり、破損していたり、その勢いの強さを思い知りました

925hPaという今まで聞いたことのないような台風でしたね。
この辺りを避けて上陸もしないようなので油断していました。

娘が昼寝し、奥さんはホークスの試合に釘付けという、まったりとした午後。
新聞を読んでいるうちに、僕も眠ってしまってました。
休日らしいというのか、我が家の雨の日の過ごし方です。
昼寝から覚めたら外は大荒れで、まだ強風圏にも入ってないのに、その風にビックリしました。
慌ててベランダや玄関を片付け、何度もスマホの台風情報を確認。
いま、この段階で、この風だと暴風圏に入ったら、どうなるんやろう。。。
この時、初めて不安になり、防災の備え、家族を守ることを強く考えました。

これから自然災害が多くなると言われます。台風も今回のように大型になってくるのでしょう。
今朝の新聞でも防災の備えについて書かれていました。
最低でも、1週間の備蓄が必要とありましたが、予想以上に多かったです。
我が家の備蓄では、まったく足りないことが分かりました。
今回のように、選挙特番ばかりで情報が乏しいこともありえます。
備蓄や家族を守ること。被害が大きい時は助けもあてにならないことでしょう。
自分たちで乗り切る。
今一度、これを機会に考えたいと思います。


伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2017.10.16 今日は寒い
久しぶりの更新です。
いつもながら申し訳なく思います。

本当に月日が過ぎるのは早いものです。

今日は雨降り。
先々の予報もあまりよろしくないようです。
そして今日は寒い。。。
朝から鳴るのは、本日の予約変更の電話。
足元の悪い日は遠慮なく、変更してください。
道中に何かあったら大変ですから。

ぽっかり空いた午前中。
じっとパソコンに向かっていますと寒いこと。寒いこと
せっかくできた時間ですので、冬準備をしました。
しかし
もう扇風機をしまいこんでもいいものだろうか。
晴れた日に歩いて来院される患者さんは暑いんじゃないだろうか。。。
などを考えてますと、冬と夏が同居する変な感じになってしまいました。

どうぞ、お好みの方を。
難しい季節です。
くれぐれもご自愛ください


伊丹のはり灸指圧 こころ堂でした
2017.7.17 夏の土用。今回は、あえて鰻の話。
夏の土用です。スーパーのチラシには鰻たちが並びます。
店頭でも、土用の丑の日!鰻!!とたれ幕がかかり、
鰻を食べないと夏を乗り切れないかもという不安にかられます。

そもそも、なんで鰻?鰻の旬は冬のはずです。
最近は便利なもので、「なんで」はサクサクっと手元で調べられます。
実のところ、鰻が苦手な私。この時期に並ぶ鰻はぶよぶよして食べてて気持ち悪くなります。
なんで鰻なんだ?その疑問はずいぶんと以前から持っていました。
そこで調べてみました。

それは江戸時代です。
夏に景気が落ち込む蒲焼屋さん。
相談しました。
夏の売上の落ち込みはなんとかならないものか?
その相談相手が、よく知るあの平賀源内だったのです。
土用の丑の日は「う」のつくものを食べるといいらしいとアドバイスしたそうです。
蒲焼屋で「う」のつくもの。。。「鰻」となったそうです。

土用の丑の日は鰻を食べて、夏を乗り切ろう!
キャッチコピーがなんだったか分かりませんが、これが大ヒット!
それが定着したようです

ちょっと待ってください。
じゃ「鰻」には、大した意味がなかったのか?
そうなんです。「梅」や「瓜」でもよかったし、「うどん」でもよかったわけで、
いまの時代なら、精をつけるなら「牛」のほうがピンとくるかもしれません。

しかし、本来、土用の丑の日は、日頃、畑作業で頑張ってくれている「牛」を
休ませてあげようとする日らしいです。
これでは、「牛」というわけにはいかないですね。

春の土用の時の、内容が難しいという意見がありましたので、
今回は軽くしました。

なにはともあれ、胃腸には気をつけてくださいね。
冷たい飲み物、生食を摂り過ぎないようにお願いします。
今年の夏の土用の丑の日は、7月25日と8月6日です。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.7.8 ヘルペスはお灸で治す
先日、私の前腕に痒みと共にチクりと痛みがありました。
確認すると嫌なヘルペスがいます
これをほっとくと広がって酷い痛みになる苦い経験がありましたので、
前々から本で読んで試してみたかったことを実践しました。

何をしたかと言いますと、ヘルペスの赤くなっている部分に「お灸」をするのです。
鍼灸師ですから、自分の体の不調は鍼灸で治す。これは絶対です。

米の半分くらいの大きさのもぐさで焼いてみました。
凄い熱さです。3回ほど繰り返しますと経絡(神経でも)に沿ってお灸の響きがあり、そこで終えました。
翌日、ヘルペスを中心に真っ赤に隆起し、すこし痒みを伴いました。
結局、4日後には完全に枯れてしまい、お灸が効くということを確認できました

でも、首から上にできたヘルペスは要注意です。
すぐに病院で診てもらうようにお願いします。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.6.12 もう梅雨の話。ジメジメ季節の過ごし方
久しぶりの更新となってしまいました。
もう早や梅雨入りとか。ぼやっとしてはいられませんね
新緑ネタは使えなくなってしまったので、ここでは梅雨の過ごし方について書きたいと思います


梅雨といえば、ジメジメとした湿気が悩ましい季節ですね
このジメジメの湿気が人の体にも影響を与えることをご存じですか

日本人はとくに湿気に弱いと思います。
それは、冷たい飲み物の多飲と刺身を食べる食習慣が大きく関わります
こういう食習慣でありますと、胃腸に負担をかけ、体の中の水の巡りが悪くなります
体の中に溜まった水が悪さをするのです
湿気の少ない爽やかな季節でしたら、問題はないのです
これがいざ梅雨時期になり、外気が湿気に満たされれば、たちまち人の体の中の湿気は動きが悪くなります
一番わかりやすいのは、じくじくの水虫です。
それから関節痛を感じる方も多いです。
むくみ、下痢、疲労感、食欲不振
頭痛、めまいなども、この時期には多いですね
みな水の巡りの悪さが影響しています

梅雨時期は、できるだけ胃腸に負担をかけない食事を気を付けます
腹八分もそうですし、この時期だけは生ものを食べることを避け、
冷たい飲み物をごくごくと勢いよく飲まない
軽い運動をして、少し汗をかくといいです
冬瓜やみどり豆、ハト麦には、余分な水を排出させれてくれます
はと麦茶などいいですが、冷やして飲んではダメですよ。
くれぐれもお願いします

なんとか、日々の生活を工夫して梅雨を乗り切りましょう

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.4.16 春の土用、うなぎ以外の話
今年は4月17日から5月4日までの18日間です。
土用といえばウナギを食べる日とすぐに浮かぶのではないでしょうか。
しかし、それだけではない土用の話を今回はしたいと思います。

まず、土用の期間にしてはいけないことがあります。
それは、新しいことを始めたり、引越しをしたり、土いじりをしたり、穴をあけたりと
大きな変化、動きは避けたほうがよいのです。

何故かというと
すこし難しい話になっていきます。
それは破壊と腐食を意味する「五黄土星」の気をうけるからです。
この星の怖いところは、自分の気が付かないうちに、どんどん悪い方へと物事が負の連鎖を受けやすいことにあります。
また、春土用は、「木気」に影響のある土用です。
というわけで肝臓に注意しなければなりません。
また「木」は「風」ですので、風邪にも気をつけてください。とくに「のど」にきます。
なんのことか分からない方がほとんどかと思いますが、
我々、東洋医学の考えのもとで治療にあたろうとする者にとっては、こういうことが重要になってまいります。

もう少し身近な話をすると
土用というものは春から夏へと移り変わっていく準備期間です。新しい季節を迎える準備期間なのです。
ですので、大掃除や衣替えなどをして、次の季節に備える。
この時期は、バタバタせずに、ゆったりと過ごし、心と体のリズムを調えることが必要です。

その時間を生活の中でもつ余裕が大切なのです

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.4.10 桜を見上げると
当院裏の小さな公園の桜も満開を迎え見ごろとなりました
二階の窓からこの桜を眺められるので、花見を楽しみながら弁当を食べるという贅沢なこと

今日は小学校の入学式だった様子で、キレイな洋服を着た小さな子供たちが両親に連れられて登校していました
満開の桜のもとでの入学式
本当に、おめでとうございます。
ここ最近では、この時期の満開は珍しいので、本当に喜ばしいことですね

桜は頭の上、高くに咲くので、どうしても見上げる格好になります
頭が上がり顔が上へ向きます。

この桜が上を向いて歩こうとする、きっかけとなるといいですね。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.4.3 新しいスタートは青空
新年度がスタートしました。
新しいスタートをきった方々。おめでとうございます。
これからもいくつも節目があろうかと思いますが、今日という日は格別なものでしょう。
 
うちの娘も今日から保育園に通います。
まだ何のことか分からない娘は今朝も上機嫌でした。
親の方がドキドキします。
今週は慣らし保育とかで、本格的に預かってもらえるのは来週から。

泣かないだろうか、どのようにして一日過ごすのだろうか。
そして娘は何を思うのだろうか。
人生の中でも最も重要な年齢です。
健やかに、伸びやかに過ごしてくれることを願うばかりです。

今日は新しい出発にふさわしい青空です

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.3.31 開花、そして開幕
昨日、大阪では桜の開花宣言が発表されました。
そして、今日はプロ野球の開幕です。
いよいよ春本番ですね。

野球好きな我が家は、昨夜からソワソワ。
私の奥さんはパソコンで野球を見るものですから、ちゃんとサイトが起動するか確認しておりました

今年はWBCもあり、いつもより少し早くから野球を楽しめましたが、国際大会とペナントは違いますね。
WBCは楽しむという見方はしてませんでした。
熱戦、接戦が多かったせいか、力が入り過ぎて胃が痛くなる始末で体調を悪くしてしまいました。
やはり野球は、お酒など飲みながら気楽にゆるく見るのが醍醐味のような気がします

大会初となる大阪対決の決勝となる高校野球は、雨のために順延されました
今日を楽しみにされた方には申し訳ないのですが
選手たちには良い休養になったんじゃないでしょうか
できるだけ万全な状態で試合に挑んでほしいです
高校野球は、延長のあり方や再試合のあり方など色々と思うところあります
選手の体と将来を一番に考えた大会になればいいのにと思います

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.3.20 春分の日
春の訪れを祝う日です。今日はそれにふさわしい日差しで気持ちの良い日ですね
しかし、いつも眺める六甲山系の姿が霞に隠れてしまってます。
花粉でしょうか?空も白っぽく、清々しい青空ではありませんね。
自然に感謝する日や祖先に感謝する日でもあるらしいので、我が家もお墓参りへ行ってまいりました。

この時期から体は更に発散が必要となります。
苦味や酸味などの食材を積極的に摂り、冬に溜め込んだものを吐き出す、デトックスする必要があります
少々汗をかく程度に軽く体を動かすことも必要です
この時期の過ごし方は、夏の体調に影響してきますので、しっかりとデトックスすることです


伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.3.3 桃の節句
我が家は娘の初節句でした。

母や妹家族が集まり、賑やかにお祝いをしてくれました
義理母から頂いたひな人形を飾り、ちらし寿司を作り、ひし餅、はまぐりのお汁、甘酒と桃の節句は華やかですね
ちなみに我が家では、はまぐりは高いので、あさりのお汁でまかないました
貝類だから、あさりでもいいだろうと思っていましたが、はまぐりには意味があったのです。
そればかりか、ひし餅にも。
桃は魔除けなど、それらには厄除け、健康祈願などの意味がありました。
いつの時代も、子供の健やかな成長と無事を祈っていたのですね

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.2.27   納豆の力
少し前の新聞記事からです。
納豆を普段からよく食べる人はそうではない人と比べて
脳卒中で亡くなるリスクが3割も低いとする調査結果を岐阜大が発表しました。
また心筋梗塞で亡くなるリスクまでも下がる傾向がみられたそうです。

そこで、納豆について調べてみました。
ナットウキナーゼは納豆にだけ含まれている特別な栄養素で、
血栓を予防し血液をさらさらにする効果があると言われています。
他に、細胞の成長に必要なビタミンB群、新陳代謝や老化予防に役立つポリアミン
デトックス効果のある納豆レシチン、女性ホルモンのバランスに必要なイソフラボン、そしてカルシュウム
いいとこだらけです!!
プリン体など多いようですが、一日1~2パックなら問題ないようです

薬膳から見ますと
寒熱は平、五味は甘、臓腑は脾、大腸に属します
気滞うっ血の方に最も適し、腎陽虚の方には腎に負担になるようですが全くダメということではないようです

私は昼の弁当には納豆を持参し毎日食べています
昔から上記のようなことは言われ知らていましたが、ちゃんとこうして結果がでて発表されたことは大変に重要であると思いました


伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.2.18   梅の開花
大阪城公園の梅が開花したと昨日のニュースで伝えられました。
春だなぁと思っていると、今日は「雨水」なんですね。どんどん春へ向かって進んでいきます。
雪が雨にかわり氷が溶ける。春の陽気を感じる日が増えてきます。
それと同時に、顔に吹き出物が出たり、のぼせが出たり、体も外へ外へと動き始めます。冬の疲れが現れ、なんか不調と訴える方が多くなってまいります。

この時期の養生としては、夜更かしせずに朝は早起き。そして、ゆっくりと散歩などしてみてはいかがでしょうか。
呼吸が浅くなりやすいので深呼吸も大切です。
決して無理をしなのがこの時期の過ごし方です。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.2.13 吐く息で病気を診断
少し前の新聞記事です

呼気の研究をされている中部大教授下内さんの記事でした。
皮膚や便から発生する臭いは「生体ガス」と呼ばれ、数千種類もあるらしいです。
病気で異常になった細胞は特定のガスを出し、血液を通じて体外に出されます。このガスは病気の初期でも発生するために検知できれば病気の早期発見につながるというものでした。

例えば、呼気にアンモニアが含まれていれば、肝性脳症やピロリ菌。
甘い果実臭は糖尿病、肝臓病はかびた魚臭。

東洋医学では、五行説の五香という形で記されています。
遠い先人達も体から発する臭いには注目していたようです。
本当に、その観察力には驚きます

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.2.7 睡眠不足と肥満リスク
睡眠時間が短くなると肥満リスクが高まる仕組みを、早稲田大学と花王の研究グループが解明したそうです。

健康な男性9人で調べたところ、睡眠時間が短いと食欲を抑えるホルモンが減るそうです。その為に空腹感が強くなるとのこと。
エネルギー消費量というと睡眠時間が短いと起きている時間が長いから当然。。。と思いきや、睡眠時間が長い人と比べて大差がなかった。
空腹感に耐えられずに食べてしまうと肥満につながるわけですね。

東洋医学では、睡眠をとても大切に考えています。
寝ている間に、不調を修正したり、陰気を補ったりします。
なので、日付が変わるまでには眠りについていただきたいですね。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.2.6 漢方薬について 新聞より
立春を迎えたというのに強い寒気です。ここ伊丹では昨夜は大変に風が強かったです。

さて、日曜日の新聞記事に漢方薬について書かれていましたので紹介したいと思います。
5~6世紀に中国から朝鮮半島を経て日本に伝わり、日本の風土や気候、日本人の体質に合わせて独自に発展してきた漢方薬。
今では、がん治療で副作用を和らげることに使われているとのことです。
例えば、抗がん剤の副作用である手や足の痛みを和らげる「牛車腎気丸」、下痢に対して「半夏瀉心湯」
認知症の方が眠れなかったり、イライラしたりする時には「抑肝散」といったように、今では、9割のお医者さんが漢方薬を使っているとのことです


こうした治療に鍼灸を加えることで、その効果はさらに期待できるのです。
西洋医学に東洋医学を上手く取り入れることで、様々の効果が期待できるのです。


伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした
2017.2.4  立春です
昨日の節分を終え、本日、お日様に恵まれた立春の日を迎えました。
話を昨日に戻して、節分の豆は3歳までは食べさせる時は気を付けるようにという新聞の記事を見ました。
何やら豆の皮が気道を塞ぐらしいです。子供にとっては日常生活の中にも危険がたくさんあるようです
このごろの住宅事情でしょうか、うちの近所では、鬼は外!という声も聞こえず静かな節分の夜でした。私の小さな頃は、それこそ賑やかで翌日の道には豆がたくさん落ちていたものです。

さて、立春。まだまだ寒いですが、少しずつ春を感じられるようになるのも、この辺りから。
我々の体も静かに春の準備を始めます。
汗をかかない程度に体を動かし始めてもいいですね。
冬から春の体へ切り替えです。

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした。
2017.1.31 久しぶりで申し訳ございません
今年はHPを充実させることを思っていましたが、早1月も終わろうとしています。
この間の大寒波には身も縮こまりました。インフルエンザも大流行しており油断大敵です。
そんな私の予防法は、
朝起きたら直ぐに鏡の前で舌のチェック、笑顔を作る、髪にくしをとおす、そして、うがいをする
院では、声だしで呼吸を調え、全身の関節を動かせる範囲全て動かす、
そして、この時期は汗をかかない程度に歩いて、気を巡らせること
1月が終わろうとする現在でも風邪はひいておりません。
家族の者が風邪をひいていても、私にはうつりません。
皆さんも自分なりの健康方で、寒さを乗り切りましょう

伊丹の鍼灸指圧こころ堂でした
2014.08.09 日本食の力
長崎の浦上第一病院の秋月辰一郎医師の著書を読む機会がありました。
自らも原爆の被害にあいながら廃墟と化した病院で懸命に治療にあたられた医師です。
興味深いのは、秋月医師や看護師、一部の患者が原爆症を発症しなかったことです。この病院は爆心地から北東約1.4㎞しか離れていません。放射線量も相当であったと思われます。
その本に書かれていたことは、地下倉庫に玄米と味噌と乾燥わかめがあり、玄米とわかめ味噌汁を毎日食べていたそうです。玄米、味噌、海藻で解毒の食事療法ができていたようです。
チェルノブイリと圧倒的に違うことは、この日本食にあったと書かれていました。
確かに、玄米の解毒作用はよく知られたことでもあります。昔ながらの日本食の力を大切にしたいものです。
2014.08.01 日本の寿命
久しぶりの書き込みです。ネタ探しって大変だと、HPを持ちつくづく実感します
さて、今朝の新聞に大きく載ってました。
『日本人男性の平均寿命が80歳を超え、世界4位の長寿国となる』
記事にも書かれていましたが、『衣食住』に『医』を加えることが、寿命が延びた大きな要因と言えそうです。
しかし、皆様、健康寿命というものをお聞きになったことがありますか?
私は、健康寿命の方を重視すべきであると思います。
活き活きと健やかに生きていられる時間。
この時間を少しでも伸ばしていくことが大切だと思っています。
2014.05.24 早起き
青空がきれいで爽やかな日です。こんな日は外でお弁当なんか食べるのもいいですね。
伊丹市は近所に大きな公園がいくつもあり過ごしやすい街で気にいっています。

私ごとですが、朝、散歩して公園で体操をすることが日課です。朝早い時間は、空気が穏やかで、まだ乱れてなくて散歩するには最適です。
一日の始まりが良いと、その日一日が穏やかに過ごせるように感じます。
ちょっと早起きで一日が大きく違うと感じています。
2014.04.01 ウェブサイトを開設しました。
ウェブサイトを開設しました。今後も様々な情報を配信していく予定です。
こちらのこころ堂通信では、近況やお知らせなどを更新していくページとなります。

随時更新していきますので、どうぞ宜しくお願い致します!